スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーナッツバターに合うもの

アメリカ人はピーナッツバターが大好き。

スーパーのお菓子売り場にはピーナッツバターを使ったお菓子がたくさん売られています。

Reese'sのピーナッツバターカップは定番中の定番で、旦那も大好きなお菓子の一つ。

画像はこのHPでどうぞ↓

http://www.hersheys.com/products/details/reesespeanutbuttercups.asp

日本でも売ってるんじゃないかな?

こちらのアイスクリーム屋さんに必ずあるトッピングの一つでもあります。

オレオみたいな存在かな??

私も最初は物珍しくて、甘いけどちょっと塩みが効いてて美味しいと思っていましたが、今はもう食べられない・・・。甘くて甘くて・・・。

1個食べるとものすっごい喉が渇きます。

一度家族に送ったら、甘過ぎて食べられないと文句を言われたので(苦笑)おみやげには避けました。

あと夏だし溶けちゃうしね。

私のお気に入りのピーナッツバター菓子はリッツの間にピーナッツバターが挟まっているお菓子。

これはあまり甘くなくて、おつまみ感覚で食べれるので大好きです。

日本のピーナッツバタークリームって甘いのが多いように思いますが、パンに塗って食べるアメリカのピーナッツバターはあまり甘くないのが人気のようです。

それこそ最初、日本の甘いピーナッツバタクリームに慣れていた私には、なんというかお食事感覚の味で違和感がありましたが、食べ始めるとこの濃いけど甘くない味が美味しくて。

あとピーナッツのつぶつぶが入ったチャンキータイプだと食感が楽しくてさらに美味しい♪

私が日本でこれでサンドイッチを作って外で食べていたら、見知らぬ女子高生に

「あれ・・・ひき割り納豆じゃない・・・???サンドイッチに・・・???」

って言われた。

納豆は好きだけど、サンドイッチには怖くてはさめないなあ・・・。笑


話が長くなりましたが、そのピーナッツバターを使って一度試してほしい食べ物が一つ。

旦那のママさんから教えてもらった食べ物なんですが・・・


セロリピーナッツバター

かなり意外な組み合わせじゃないですか?

これ、ここのお家では昔から定番のおやつだそうで、作り方っていうか食べ方は、

程良い長さにカットしたセロリの内側(ボートのような形ですよね)のくぼみに、

ピーナッツバター(チャンクでもソフトなやつでも)をブニュっと流し込んで食べるだけ。

最初聞いた時はビックリして、あんまり試したくなかったのですが、ママさんとデイナが作ってくれたので、いやいやいただくことに・・・。

味は・・・

意外にいける!

ピーナッツバターはあまり甘くありませんが、セロリと食べるとほのかに甘みを感じて、程良く塩みもあるのでなんとも言えずマッチして美味しかったです。

あ、でも私はピーナッツバターもセロリも大好きなので、どちらか苦手な人にはキツいかもしれない・・・。

あとあんまり食べ過ぎるとカロリー高いんでね。

子供のおやつにはいいかな、って思いました。

あとおつまみにも。

やったことがなくて興味のある人は一度試してみてください☆

あ、甘いピーナッツバタークリームじゃないですよ。

他にも何か面白い食べ方を知っている方がいれば教えてくださると嬉しいです(^^)




スポンサーサイト

FC2カウンター

sidetitleプロフィールsidetitle

coconut lime

Author:coconut lime
coconut lime
↑好きなボディーローションの匂い♪
アメリカ西海岸在住

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。