スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター

すんごく前の話題で申し訳ないのですが・・・

4月12日日曜日はキリストの復活祭、イースターでございました。

キリスト教徒にとっては一番大事な行事で、旦那の家族は朝からみんなで教会に出かけていきましたが、私は旦那が仕事でいなかったのと、キリスト教信者ではない為お留守番しました。

ミサ、はっきり言って眠たいだけなので・・・とは言わなかったけど。苦笑。

で、その後旦那のテリーおばさんの家に親戚が集まり、みんなでごちそうを食べたり、お酒をのんだりしゃべくったり。

テリーおばさんはお料理上手なので料理はどれも美味しかったです(^^)

大きなハム、マッシュポテト、グレイビーソース、ヤムイモのクランベリーソース和え、芽キャベツとピーナツのソテー、サラダ、クリームグリーンピー、デザートのジェロケーキ、等々・・・。

またおなかはちきれそうになりました(^^;)

旦那のイトコたちも来てたので(ちびっこ)一日中賑やかでした。

この日はお酒も入っていたしとても楽しく過ごせました~☆

家に帰ると、イースターバニーから、ということで部屋のドアの前にキャンディやちょっとしたギフトのつまったイースターバスケットが置いてありました!

ママさんからなのですが、私が「台所用品そろえないとなー」とぼやいていたのを聞いたようで、

フライパンと軽量カップ、缶オープナーなんかもプレゼントでいただきました!

「本当はイースターバスケットは子供の為のものだけど、貴方は今回が初めてだから特別よ☆」

とのお気づかいでありました。(去年は家族のみんなはハワイ旅行に行っていたので)

やー、ありがたい(^^)嬉しいな♪

ちなみにこんな感じ↓

004_convert_20090427095512.jpg

ありがとうSusie!

教会にも行ってないのにいいとこ取りな感じでなんか申し訳ないけど・・・。

来年はついて行くだけ行こうかなぁ・・・。

子供が出来たらこういうキリスト教の行事に積極的に参加しないといけないので今から億劫です・・・。苦笑。









スポンサーサイト

豚・・・

豚インフルエンザ、こっちではswine fluと呼ばれていますが、結構深刻です。

ここカリフォルニアでも感染者が出ている上にメキシコに非常に近い地域なので私も人ごとではなく気をつけたいです。

とりあえず旦那には手洗いうがいを強制してるんですが・・・。

その他の家族メンバーはそのへんちっとも気にしていなくて。

外から帰ってきても手洗いすらしません。

義父、母に「ちゃんと手を洗ってうがいしてください!」なんて言えなくて困っています・・・。

旦那の仕事先で、最近メキシコにクルーズに行った人がいるらしいのですが、

検査も行かず普通に出勤しているようなので気になります・・・。

マスクもしていないそうですし。

旦那にマスクをつけるようにお願いしても、誰もそんなことしてないし、変な人と思われるから、という理由でしてくれません・・・。

確かにこっちでマスクつけてる人なんて見たことないんですよね。

こんな調子じゃあどんどん広がっても不思議じゃないです・・・。

日本はその辺しっかりしてるなあ、と思うのですが・・・。

早く治まるとといいなあ・・・。

怖いですね。




追記:久しぶりの日記ですみません。
コメントレスをつけましたが、うっかり名前を入れるのを忘れてしまって(ーー;)
名前なしのは私からのレスです。すみません!

うわぁぁ

今日初めてフリーウェイを車で運転しました!!

し、死ぬかと思った・・・。

トラックの前を走ってたのですが、私のスピードがノロくておかま掘られそうになりました。

こ、こわいぃ・・・。

旦那とパパさんに、

「もっとアクセル踏んでー!!」

と叫ばれてようやくグンとアクセルを踏み込みなんとかセーフ。

あんなにスピード出したのは初めてですっごい怖かったです。

75マイルなので計算したら120キロですね・・・。

お、恐ろしい・・・!!!

あー運転できればしたくない・・・。泣

のどかな午後・・・のはずが。

今日はお昼にお弁当を持って、友達のローリーとその赤ちゃんのあやねちゃん、そしてローリーの

お友達のエリザベスとその赤ちゃんサミーちゃんと近くの公園へピクニックに行きました。

いい天気かと思っトップは七分袖一枚だけで出かけたのですが、結構風が強くその上曇ってきたので

すんごく寒かったです。うう・・・

しかし2歳というやんちゃ盛りのあやねちゃんと一緒にプレイエリア(遊具がたくさんある)で遊ぶと、

軽く汗をかいてしまうほど動かなくちゃならない。

あっちこっち、興味を持ったものの方へ走り回るので追いかけるのが大変。

楽しかったけど、ママって大変だなーって思った。

エリザベスの赤ちゃんサミーはまだ1歳なのでよちよち歩き。

でも滑り台や赤ちゃん用のシーソーでキャッキャ言いながら遊んでいてすごく可愛かったです。

あやねちゃんもシーソーが大好きで、私は前から押してあげていたのですが興奮してはしゃぐ

あやねちゃんに顔面に蹴りを食らってしまいました。苦笑。イタタ・・・

二人のお母さんを見ていると、とても幸せそうで、子供二人もすごく愛されているのが伝わってきて

すごく微笑ましかったです。

私の番はまだしばらく先だなあ・・・。

そうそう、エリザベスがお昼にマクドナルドのお子様セットを買ってきていて、1歳のサミーにハンバーガー食べさせていたのにはびっくりしました。

さすがアメリカ・・・。

遊んで、ご飯を食べてまた遊んでから家に帰ったのですが、ここで問題発生。

庭にいるうちのワンコ、マーヴリックが何者かに向けてワンワン威嚇して吠えている。

何事か、と思って様子を見に行こうとすると、マーヴリックよりも大きな薄茶色のワンコがうちのポーチで用を足していた。

首輪はついているけれど飼い主は見当たらない。

凶悪そうには見えないけれど、うかつに近寄れないなあ・・・と困っていると、そのワンコが私に気付いたようで数メートル離れたところからじっとこちらを見つめている。

私も動くに動けずとりあえず止まったまま犬に話しかけてみる。笑。

「どこから来たの?お前の飼い主は?」

そんなことワンコに聞いてもしょうがないんだけど、警戒を解いてくれないかなーと思ってとりあえずなんかしゃべってみた。

そしたらば。

ピクリとも動かなかったワンコが突然何かに取りつかれたように唸りながら私めがけて猛スピードで走ってきた!!

久々に背筋がゾっとして、「噛まれる!!」と思って後退りながら持っていたでかいバッグで自分をカバーしたのですが、あと数歩というところでそのワンコが私を避けてダダダーっと逃げていきました。

もうその後は脱力ですよ。

ヘナヘナ~って。

でも心臓はバクバクいってて。

こ、怖かった・・・!!マジで襲われるかと思った!!

で、そのワンコはその後ご近所さんの庭でマーキングしたりしていた訳なんですが・・・。

どこの犬だよ!飼い主さんどこ!!

あんなでっかい犬に襲われたら軽傷じゃすまないよ!

何より怖いから!!

ということで久々に犬を怖いと思いました。

でも家に入って、うちのワンコを見ると緩みまくった顔をしていたのでちょっと安心しました。

みなさん、自分の犬は他人に迷惑をかけないようきちんと面倒を見ましょうね・・・。

ママさんに話したら、その例の犬は前にもウロウロしていたみたい・・・。

ちっちゃい子供も多いストリートだから注意してほしいです。




歯医者 in USA

ということで先日初めてアメリカの歯医者さんに行ってきました。

ドキドキです。

そしてうっかり辞書を忘れて出かけてしまったので必要書類に記入するのに苦労しました。

もうあれですね、献血の時の書類もそうですが英語の病名覚えるしかなさそうです。

いざという時のためにも。

でも病名って有名なのじゃないと私の持ってる辞書に載ってないんですよね。

ウェブで探したらありそうですが。

で、なんとか書類に記入してサインをして、(何かあった時の為に。こっちは訴訟とか多いので契約書がやたらと多いのです。ちょっと怖いよね。)旦那が先に呼ばれたのですが、その5分後くらいにすぐに私も名前を呼ばれました。

部屋は個室で、ドクターが回ってみていくという形のようです。

女性の優しそうな助手の方がまず歯のレントゲン写真を撮り始めました。

まず胸~腹の上に分厚いずっしりとしたカバーをかけられて、歯の写真を撮るための分厚い紙みたいなものをくわえさせられて、個室の脇に備え付けてあるレントゲン写真をとる機械でパシャパシャと十数枚写真を撮られました。

全ての歯のレントゲンを撮るためにその分厚い紙を色んな角度で噛まされるんですが、あまりに数が多いのでえずきそうになって辛かったです。

私の通ってた日本の歯医者さんだとレントゲン室があったしこんなに辛くなかった気がしたんだけどなあ・・・。

よくアメリカの歯医者は日本よりも優れていると聞きますが・・・。

旦那は日本で歯医者に行ったこともないのに、「日本の歯医者は絶対遅れてるよ!日本人の歯並びを見ればすぐわかる!!」と言うのですが、確かに歯の矯正はアメリカ程ポピュラーではないけれど、他の治療はそんなにひどくないと思うんだけれど・・・。

旦那のこの言葉をレントゲン写真の辺で疑い始める。

で、写真を撮り終って、口が渇いてしまったのでうがいをしたいなーと思ったのだけれど、水飲み場が見当たらない。

あれー、こっちはないのか・・・?と不審に思いながらドクターを待つ。

隣の個室では旦那が治療を受けているようで何やらベラベラ話している。

歯の治療中なのによくしゃべる旦那・・・。

ようやくドクターがお出ましで早速虫歯チェックをしてもらう。

ドクターがどんどん何やら専門用語で歯の具合を言っていくのだけれど、日本と違うので全くわからず。

1年以上ぶりの歯医者&旦那曰く遅れているらしい日本で治療してもらった歯をみられて恥ずかしいなあ・・・と思っていたのですが、全てチェックし終るとドクターが私の方をニコっと笑って、

「虫歯ゼロですよ!歯の詰め物もしっかり綺麗にしてあるし、クリーニングだけで大丈夫ですよ。」と言ってくれた。

すごーくほっとしてここでようやくドクターの顔をじっと見ると、年はとっているけど、薄い金髪で綺麗な青眼の素敵なドクターだった。

私がほっとしているとドクターが、

「あ、でも親知らずが3本生えてるし今後の為に抜いておいた方がいいと思うんだけど・・・」

と恐ろしい事をおっしゃいました。

「ええ!!やっぱり抜かないとだめですか・・・??」

とすがると、

「うーん、今はまだいいけど、これから虫歯になったり他の歯を押して歯並びが悪くなったり痛くなったりする事もあるから・・・抜いておくのが一番いいと思うよ。」とのこと。

「・・・・できれば抜きたくないです・・・。」

と言うとドクターは笑って、「今すぐじゃなくてもいいよ!まあまた次回の検査の時まで考えておいて!」とのことでした・・・。

とりあえずこの日は歯のクリーニングだけだったのですが、その痛いこと!!

ようしゃなくガリガリ削られるので、顔をゆがめて我慢してたと思います。

終わった後は看護婦さんが歯の表面をクリーニングしてくれたようなんですが(いまいちよくわからなかった。)なんかオレンジ味の変な粉?が口中に噴きつけられていて、すっごく気持ち悪かったです。

クリーニングが終わって、うがいするところもないしどうしよう・・・と思っていると、コップに水を組んできてくれて渡されました。

でも吐き出すところは・・・???と思っていると、さっとノズルのついたカップみたいなものを差し出されて、そこに吐き出すように言われました。

言う通り吐き出すと、飛行機のトイレみたいに(笑)ジュっ!!っと吸い取ってくれて面白かったです。

でも私は日本みたいに好きな時にうがいできるあれがいいなあ・・。笑。

で、旦那がウキウキしながら私の感想を聞くので、

「色々面白かったけど、なんかがさつな気がした!痛い!」とあえて文句を言うと、

「あー、でも歯のクリーニングって痛いよね・・・」

と旦那。

結局日米色々違いはあるけれど、日本が劣っているとは感じませんでした。

そりゃ数十年前と比べたら劣ってたかもしれないけど。

なので旦那にしっかり教えておきました。

まだ「え~???」って半信半疑でしたけど。


以上アメリカの歯医者レポでした!








FC2カウンター

sidetitleプロフィールsidetitle

coconut lime

Author:coconut lime
coconut lime
↑好きなボディーローションの匂い♪
アメリカ西海岸在住

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。