スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Happening

久々に映画館で映画をみてきました!

題名は日記タイトルの通り、「The Hapening」。

旦那兄妹のデイナとマシューはすでに観に行ったようですが、

「わけわからんかった」っていうのが彼らの感想。

ん~、観に行こうかどうしようかな~って悩みましたが予告が面白そうだったので観にいくことに。

スリラーなので効果音がすごくびっくりさせる感じで、ところどころ耳をふさいでしまいました。

よくホラーやなんかで、しず~かな間があって、次絶対になんか出てくる!っていう時の

ビックリ効果音に耐えられません。なので事前に防止。

痛いシーンも多くて思わず目をそむけた場面が何個かありました。

SAWなんかと比べると全然みれる痛さですがそれでもやっぱ嫌だったなあ・・・。

最初は「??」って感じでしたが、シャマラン監督にしてはヒントをいっぱい出してくれて

映画の前半で何が起こっているのかわかってきました。

でもやっぱり結末がどうなるのかが検討がつかなくて最後まで楽しんで鑑賞できました。

私は結構面白かったです。ああ、こういうこともあり得るな、って妙に納得してしまいました。

一種の警告映画のようで、これは観ておくべき映画じゃないかな?

観た後はちょっと自分たちのしてきたことを考えさせられる映画でした。

もちろんエンターテイメントとしても面白い映画でしたよ。

是非気が向いたら観に行ってみてください☆



<注意>内容をもうちょっと知りたい人へのちょいネタバレ的感想。白文字で書いてるので反転して読んでください。↓

ある日突然なんらかの原因で人々が次々に自意識を失い自殺をしていきます。

その現象は次々に拡大していき、主人公たち家族はそれから逃れるべく安全な場所を求めて旅立

ちます。

しかし行く手を阻むように行く先々で同じ現象が起こり行き場所を失いつつある主人公たち。

一体何が原因なのか。テロか?それともいったい・・・

って感じの内容で話が進んでいきます。

私が見て思ったことは、ありえない話ではないなあ、っていうこと。

地球上の生き物は自分を守るための防衛本能がありますよね。

自分を守るために、他者を排除する。

それは私たち人間がまさにやってきたこと。そして今も行われていること。

それを他の地球上の生物が行ったとしても決して不思議ではありません。

私たちの犠牲になり破壊されているものたちの復讐。そして生きる術。

結局この映画の中では警告という形でそれが行われましたが、怖かったのは

私たちが勝ち残る術が見つからなかったこと。

とういうのも何が原因なのか気付けない人が多かったからだけれども。

確かにこんなことが起こりうるなんて考えた人は少ないと思う。

だからそういう点に気づいてこの映画を作り上げた監督はすごいなあって思いました。

私も映画を見るまで考えたことがなかったです。

しかし報復とはいえやはり複雑な気分になりました。こんなことが現実で起こらないよう

今なんとかすべき時期なのかもしれません。
スポンサーサイト

インディアナジョーンズ

結婚記念日の映画は旦那の大好きなインディアナジョーンズを観てきました。

しかし、実は私、3部作はおろか、1作もまともに観たことがないんですよね・・・。

昔の話とかキャラとかが引き継がれてるのでやっぱり全部観てから観にいった方が

よかっただろうなあ~、と後悔。

話は、う~ん・・・。私はいまいちかな、って思いました・・・。

インディアナジョーンズってこういう話だったの??って驚かされました。

旦那も、なんかちょっといまいちやったなあ~ってブツブツ言ってたました。

でも彼はもう一回くらい見に行きたいそうです。どっちやねん。

私の好きな女優さん、ケイト・ブランシェットがいつもとは違った役を演じていたのが新鮮でした。

きれいだし格好いいなあ~。

ドライブインシアターで見たのですが、新作でなければ一人7ドルで2つ映画が見れます。

通常の映画館の料金がそれくらいなので、2作みれるとお得ですよね。

しかも子供料金は1ドルと激安なので子供づれならドライブインがお得です。

ラジオを指定された局に合わせると音声が聞こえます。

観に来ている人達の中にはトラックにマットを敷いて寝転がりながら見ている人もいたし、

椅子を持ってきて外に出て鑑賞する人もいました。

私たちは普通に車のシートをちょっと倒して鑑賞。

他の人を気にせず質問したり笑ったりできるのが嬉しいです。

ちっちゃい子供さんを連れた方とかも安心して見れますね。

ただ、ずっと車の中にいるとガラスが曇ってきたりして面倒でした。

アメリカといえばドライブインシアターのイメージだったけれども、それも年々少なくなってきている

ようです。

私たちが行った地元のドライブインもアメリカにある数少ないドライブインの一つのようで

なくなりつつあるというのはなんだか寂しいです。

せめて思い出深いこのドライブインはいつまでもあってほしいなあ・・・。


She's the Man

映画を観ました。

2006年につくられた、「She's the Man」、邦題はアメリカンピーチパイらしいです。

邦題がなんか映画とあってない気がしますが・・・。

内容は、ずばり、米版花ざかりの君たちへって感じです。

女子サッカー部に所属する主人公の女の子が廃部をきっかけに、サッカーなら男の子にだって負けないっていうことを証明する為に双子の弟のフリをして男子寮に入り、サッカー部に入部するのね。

マンガっぽい展開は青春ドラマの典型かな~、と思うけど結構好きです。

男に扮した主人公がサッカーに、恋に悪戦苦闘しながらも前向きにがんばっていく青春ラブコメです。

すすめられるまま観たけど面白かった~キラキラ

旦那の苦手とするタイプの映画なので、旦那は友達とゲームしておりました。

たまには一緒に見たいのになあ・・・。

とにかく、こういう女の子が一生懸命がんばる!って感じのコメディ風青春ドラマ、大好きです。

やっぱり共感できるからかな~??

また興味があればチェックしてみてください。

旦那と観る映画っていったら・・・。

アクション、スリラー、サスペンス、ホラー(私は嫌いやけど)、SFって感じでしょうか。

あ、あと戦争ものが多い・・・。

だから映画を見て、ロマンチックな雰囲気になることはさっぱりありません~。ガクッ。

初めて一緒に観た映画はトロイ。

その後、ヒダルゴ(これは私の趣味)、シュレック、キングアーサー、バイオハザード、アレクサンダー・・・等々。

ロマンチック系はいつも断固拒否されてます・・・。


shestheman_releaseposter_20080418125949.jpg

FC2カウンター

sidetitleプロフィールsidetitle

coconut lime

Author:coconut lime
coconut lime
↑好きなボディーローションの匂い♪
アメリカ西海岸在住

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。