スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度も何度でも

アメリカで暮らしてて何が辛いってやっぱり言葉。

言いたいことを自由に言えないってやっぱりストレスたまるよね。

中でも一番やっかい&ストレスたまるのが・・・

発音。

これが一番やっかいだと私は思う。

だってね、単語を知っていてもその通りに発音できないと通じないんだもん。

何度繰り返し言っても相手は「?」でお手上げ。

これって悔しいし腹立つよ~!

自分がちゃんと発音してるつもりでもほんのちょっとのイントネーションでネイティブには通じないんだなこれが・・・。

たまに、この会話でここまで発音すればわかるだろうが!って腹が立ちますが、発音の悪い自分が悪いわけで。

よ~うやく通じた時の相手の「ああ~!○○ね!」っていう反応がイラっとくるw

自分の能力不足だけど、「だからさっきからそう言ってるやん!」と毎回思ってしまいます。

大学の授業で、発音の出来ない人はその単語も聞き取れないって先生が言っていたけどそれは間違いじゃないかと思う。

聞き取れるけど真似できないんだな~これが。

シャドウィングすれば出来るんだけど、しばらくして一人で発音すると出来なくなる。

これはもうシャドウィングで練習しまくるべきなんだろうなあ・・・。

お店でお客さんに商品の説明をする時も発音で四苦八苦。

電話はとくに大変だ。

私が苦手なのは、やっぱり「R」の発音。

rightとかrで始まる単語は出来るんだけど、間に入ってるやつが難しい。

たとえば・・・

Breaという地名があります。

これの発音がど~もできない。

働いてるお店がこの街にあるんだけど、アメリカ人にどこに店があるか聞かれて一発でわかってもらえた事がほとんどない。

日本語発音すると「ブレア」だけど、この「レ」が曲者。

「それどこのまち?」ってほぼ毎回聞かれてしまう・・・。だから言うのが嫌になってしまう。

他にもヴィクトリーとかも難しい。

でもこちらに住み始めて3年近くたって変わったこと。

以前に比べてだいぶ強気になったので、何度聞かれても何度も言うようになった。

以前は一度聞き返されたらビビって小さくなってもう一度言えなかった私。

単に聞こえなかったからもう一度聞かれた場合だってあるのに、自分の発音が悪いと決めつけてだまってしまった。

これは何が間違ってるかわからないし、会話も進まないしすごくダメ。

恥ずかしいけど、何度でも言ってわかってもらえなかったらスペルを言うなり、他の言葉で補うなりして伝えるの大事。

そしたら伝わるし、ちゃんとした発音も相手から学べるしね。ストレスたまるし(自分も相手もw)、結構恥ずかしいけど・・・でもこれも勉強。

お店で働きだして、アメリカ人とたくさん話す機会が増えたおかげで、壁にぶつかることが多くなったけど、

それを通してどんどん強くなってきてる自分に気が付いた。

「え?」と言われても大きな声で何度も説明を交えながらわかってもらえるまで繰り返す。

アクセントのある英語で話すのが今も少し恥ずかしいけど、今は「日本人だもん、しょうがない!勘弁してね!」、くらいの気持ちで話すようにしている。

まあ性格がずうずうしくなっただけで、発音がよくなったり英語スキルが伸びたりしてるわけじゃないのは情けないけど・・・(^^;)

それはまあ日々の積み重ねってことで・・・。まあなんとかなるだろう・・・。

とりあえず、言語の壁は強気で押し倒す気持ちで!

なんとかなるさ~。

たまにやっぱり落ち込むけどね!

ちょっとずつ前に進んでたらいいよねきっと。









スポンサーサイト

和製英語

アメリカに来てからというもの和製英語に苦労させられています。

日本でよく使う外来語のほとんどが通じたことがない・・・。

というのも、発音が違ったり、単語そのものの意味が違ったり。

今日は最近私がした失敗談を紹介。

ネットでかわいい布地を見つけたので、自分たちで暮らし始める時用にクッションカバーでも

作ろうかな~と思い、お裁縫上手な旦那ママさんに作り方を教えてもらおうと相談に行った時

のこと。

私:「クッションカバーを作ってみたいんだけど、難しいかな?(私、お裁縫超苦手です)教えてくれ

る?」

ママさん:「クッションカバー?どこ用の?」

私:「ソファーに置くやつ」

ママさん:「どこのソファー?どんな大きさ?」

私:(どこのソファー・・・?ソファーに関係あるんだろうか?)「ほら、ちょうどここの居間にある

クッションくらいの大きさのを作りたいの。」

ママさん:「??居間にあるクッション??」

私:「そう。(なんか話噛み合ってないような・・・?)ちょっと待ってて、とってくるから!」

・・・・と、言って居間のクッションを持ってきて、

私:「こんなの作りたいの。」

ママさん:「ああ!!pillow(ピロウ)のことね!」

私:「へ??クッションって言わないの??」

ママさん:「これはpillowよ。クッションっていうとこういうものね。」

といって、ママさんが説明してくれたのは。

クッションは、椅子の上にある日本で言うと座布団にあたるものや、ソファーの座る部分の

やわらかい弾力のある部分などのことを指すのだそう。

だからママさんは私がソファーを改造でもしたいのかと思ったらしい。

pillowというと、枕しか連想しなかったけど、枕を含め、日本でいうクッションのことも含むのね。

恥ずかしながら知りませんでした・・・。

こういうちょっとした事がしょっちゅうあったりします。

でもでも。

私がこのあと、持っている英語辞書でクッションを探してみると。

意味に、カタカナで、「クッション」って書いているではありませんか。

イギリス英語だったり?

でも普通イギリス英語なら、カッコ書きで注意書きがあるはずなのになかったし。

この書き方はヒジョ~に誤解をよぶと思います。

それで、pillowもひいてみたのですが。

「クッション」なんていう言葉はどこにものっていませんでした。

こういうことって意外にあるんです。

辞書って結構使うのが難しいと思う。

日本の言葉がピッタリ英語に当てはまるっていうのは難しいんじゃないだろうか?

だから、和英で英単語を探す方法はとても危険だと思った。

1番楽な方法だけど、その英単語が必ずしも探している日本語の意味合いに当てはまるとは

限らない。

使用するには、いくつかの例文を読んで意味合いを確認する必要があると思う。

単語はほとんどピッタリくるのが多いけれど、それでも今回のような例もある。

あれも指し、これも指す、っていうのが割とある。

でも動詞なんかは同じような意味合いのものがうじゃうじゃあるくせに、意味合いが微妙に違って

くるという難しさ。

和英で単語をひいてもらえばわかると思いますが、たとえば、「考える」という単語をひくと、

"think", "consider", "reflect", "contemplate", meditate"などなど「考える」というひとつの

日本語に対し、こんなにずら~っと英単語が出てくる。

じゃあ、どれを使えばいいのか、という話になると、自分の言いたい「考える」の意味合いがこれら

の英単語のどれに一番当てはまるか、ということを考えなければいけない。

そうするには、それぞれの例文をよく読んでそれぞれの単語の意味合いを理解しないといけない。

日本語は英語ほど単語がないので日本語の説明を読んでも、これらの英単語の違いがいまいち

よくわからない。

日本語の説明だけ読むと、いったいどこが違うねん、と突っ込みたくなってしまう説明が多いように

感じます。

だから面倒だけれど、英語の例文を探して読む。

それが一番英語を誤解しにくい方法かな~、と思うのですが、手間ですね。

だから、少々分厚くてもたくさん例文がのっている辞書が私はいいと思います。

私が使っているのは、携帯に便利な電子辞書ですが、この辞書には色々と疑問を抱くことが

多くなってきたので、こちらの英英辞書を購入しようと思います。

たくさん例文がのっているし、微妙なニュアンスもわかりやすいと思うので。

辞書ひくのって面倒くさいんだけどね・・・。がんばろ。


以前NHkの番組で、「ハートで感じる英語塾」っていうのがやってましたが、

(今もやってるのかな?)

それはこういう日本語ではおんなじ意味でも、英語ではこういう違いがあるよ、っていう

のを感覚的に教えてくれる番組だったのでとてもよかったと思います。

学校でもこういう風に教えてくれたらいいのに。

和製英語の話から遠ざかってしまいましたが、カタカナ言葉と辞書に惑わされるな!ということと、

発音には要注意ということを言いたかったのです。

発音はアクセントの位置が違うだけで、さっぱり通じません。

発音もやぱり辞書でちゃんと引いて確認しないとね。

あ~、面倒くさい!





FC2カウンター

sidetitleプロフィールsidetitle

coconut lime

Author:coconut lime
coconut lime
↑好きなボディーローションの匂い♪
アメリカ西海岸在住

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。